2011年03月20日

大震災

あれから9日間、こんなに便利に安心に過ごせるという何でも無い様な日々が
素晴らしく凄い事なんだと思った事は正直無かった。

何度も何度も繰り返し見せられる津波の恐怖映像、未だ経験してない核爆発の恐怖
全てが普段なら嘘の様な映像が全て真実である時に、かつてない恐怖に身が震えた。

今日では原発リスクも低減して停電は残るものの少しずつ安心に暮らせれる様になる兆しが
見えてきた。ただ、経済的打撃は避けられず
週明け以降は大変な経営を迫られ今後、失業者も増える事は必至です。

私として一番やらなくてはいけない事はと考えましたが
やはり雇用を守り且つ拡大し更に強い企業体質を構築する為に
尽力し国内だけでなく世界に出るマーケットを目指すべきと
今までの方向性に使命感を持って挑みます。

強烈な危機感を感じたのは戦後の日本も同じだったのではと思い
その後の日本と同じ景色を作れる様に経営に今まで以上に尽力したく思います。

また、被災地域及び被災者の方の復興を心よりお祈り申し上げます。

田中 俊彦
posted by 広告代理店サイバーコンサルタント社長 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。